【自転車ロード】デ・パンネ3日間、好調をキープするクリストフ「長いスプリントだったけど、誰も抜けなかった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車ロード】デ・パンネ3日間、好調をキープするクリストフ「長いスプリントだったけど、誰も抜けなかった」

スポーツ 短信

2015年デ・パンネ3日間第2ステージ、アレクサンドル・クリストフ(カチューシャ)が優勝
  • 2015年デ・パンネ3日間第2ステージ、アレクサンドル・クリストフ(カチューシャ)が優勝
  • アレクサンドル・クリストフ(カチューシャ)
ベルギーの2015年デ・パンネ3日間、4月1日の第2ステージはノルウェーのアレクサンドル・クリストフ(カチューシャ)が連勝し、ツール・デ・フランドルに向けて再び好調さを見せつける結果となった。

逃げ集団に潜り込んだ第1ステージとは異なり、この日は集団スプリントで勝利したクリストフ。総合首位の座も守ったが、レース中は絶好調ではなかったと振り返っていた。

「今日はチームに感謝しないといけない。調子はよくなかったけど、彼らが完璧に僕を運んでくれ、勝利を持ち帰ることができた。終盤はかなりテクニカルで、僕はちょっとジャコポ(グアルニエリ、チームメイト)を見失ったので、サッシャ・モドロ(ランプレ・メリダ)の後輪につき、彼の後ろから発射した」

「長い時間先頭でスプリントしたけど、誰も抜けなかったから、すばらしい勝利だったね。今日はハードなレースだったし、終盤に脚が元気な選手はあまりいなかった。ジャージを守るために頑張るけど、本当の目標は日曜日だ」

日曜日とはもちろんベルギー最大のクラシックレースのひとつ、ツール・デ・フランドルのことだ。
《》

編集部おすすめの記事

page top