【ツール・ド・ランカウィ15】第3ステージ、期待の20歳ユワンが母国オーストラリア以外でプロ初勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・ランカウィ15】第3ステージ、期待の20歳ユワンが母国オーストラリア以外でプロ初勝利

スポーツ 短信
カレブ・ユワン(オリカ・グリーンエッジ)
  • カレブ・ユワン(オリカ・グリーンエッジ)
マレーシアの2015年ツール・ド・ランカウィ、3月10日の第3ステージはゲリク~タナ・メラ間の170km。2つの峠越えで集団の人数が絞られる中、最後はオーストラリア期待の20歳カレブ・ユワン(オリカ・グリーンエッジ)がゴールスプリントを制した。

この日は5人が逃げ、その中で山岳賞トップのキエル・レイネン(ユナイテッドヘルスケア)が2級山岳と1級山岳をすべて先頭通過し、ポイントを伸ばしていく。

追走のメイン集団ではこの峠越えで多くの選手が脱落し、ステージ2連勝中のアンドレア・グアルディーニ(アスタナ)も遅れをとる。一方、ユワンはこの集団の中で生き残る。

集団の人数が約40人まで減る中、最後は逃げの選手たちを吸収。ゴールスプリントはユワンが最速を証明し、母国オーストラリア以外ではプロ初勝利を挙げた。

2位はヨウセフ・レギギ(MTNクベカ)、3位はエオナルド・デュケ(チームコロンビア)。

総合とポイント賞でもトップに立ったユワンは「グアルディーニが苦しんでいるのを見たから、僕は追走集団に留まるために全力を尽くした。彼は遅れ、僕たちは下りで逃げを捕まえられると思ったんだ。今日は脚の調子がよかったし、明日はもっといいと思う。だから、もっと多くの勝利を狙いに行くよ」とさらにやる気を見せていた。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top