自転車購入率ランキング…1位は東京都、2位はあの自動車メーカーのお膝元…最下位は沖縄県 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

自転車購入率ランキング…1位は東京都、2位はあの自動車メーカーのお膝元…最下位は沖縄県

新着 ビジネス
自転車購入率ランキング…1位は東京都、2位はあの自動車メーカーのお膝元…最下位は沖縄県
  • 自転車購入率ランキング…1位は東京都、2位はあの自動車メーカーのお膝元…最下位は沖縄県
  • 自転車購入率ランキング…1位は東京都、2位はあの自動車メーカーのお膝元…最下位は沖縄県
  • 自転車購入率ランキング…1位は東京都、2位はあの自動車メーカーのお膝元…最下位は沖縄県
エイチームは、自転車のインターネット通販における購買傾向の調査を実施、「都道府県別の自転車購入率ランキング」の調査結果を発表した。

1位は「鉄道網整備、流行の発信基地」東京都。近距離にたくさんの施設が密集しているという地理的な要因をうまく生かしている東京都。自転車の便利さが実感出来る都市だ。コスト面からも、車の利用よりも自転車の利用により小回りよく移動できることがこの背景にあるとみられる。

2位には、トヨタ自動車発祥の地、豊田市が所在する愛知県がランクイン。東京と同様に、 都市ならではの利便性が有利に働き、上位にランクインしていると分析。「クルマ文化」の浸透する愛知県が上位にランクインしたのは少し意外かもしれない。

3位には、日本の古都、京都がランクイン。盆地地形で都市部が平坦になっており、自転車での移動がとても便利。古くから発展してきた京都は、生活圏がコンパクトにまとまっている上、全国的に見ても自転車の利用率が高いのが特徴。

最下位は、日本で最も暖かい沖縄県。自転車の需要は低く無さそうに思えるが、島ならではの坂が多い地形は、自転車にとって大敵。アップダウンの激しい地形は自転車に乗る意欲を削がれてしまう。 亜熱帯ならではの強い紫外線に加え、夏場の台風や潮風での塩害もある ため、沖縄県は自転車の劣化も激しいとみられる。

■調査概要
調査エリア :全国
調査方法 :自転車通販サイトcyma-サイマ-における自転車の販売実績を元に、各都道府県の単位人口あたりの購入台数を集計
調査期間 :2014年8月~2015年1月
サンプル数 :3972名
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top