【全豪オープン15】錦織は昨年覇者ワウリンカにストレート負け、日本人83年ぶりの快挙ならず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【全豪オープン15】錦織は昨年覇者ワウリンカにストレート負け、日本人83年ぶりの快挙ならず

スポーツ 短信
錦織圭、ワウリンカに敗れる(2015年1月28日)(c)Getty Images
  • 錦織圭、ワウリンカに敗れる(2015年1月28日)(c)Getty Images
テニスの全豪オープンは大会10日目、男子シングルスに錦織圭が登場し昨年の覇者スタニスラス・ワウリンカと対戦し3-6、4-6、6-7(6-8)でストレート負けした。

勝てば全豪では初のベスト4進出、日本人としても1932年の佐藤次郎以来となる快挙だったが、ワウリンカのパワーがその夢を打ち砕いた。

先に2セットを連取された錦織は第3セット、第2ゲームでこの試合はじめてワウリンカのサービスゲームをブレークする。流れに乗っていきたいところだったが、すかさずワウリンカもブレークバックし、勝負はタイブレークにもつれこんだ。

タイブレークでは無類の強さを発揮する錦織も、この日はワウリンカのパワーと勢いを止められない。1-6でマッチポイントを握られてしまう。しかし、ここから錦織は粘り、5ポイント連取で6-6に追いつく。逆転を期待する会場は錦織がポイント取るたびに割れんばかりの大歓声。

だが錦織のドロップショットがネットに掛かり、再びマッチポイントを握ったワウリンカがサービスエースを決め、最後はボールに触れさせることなく試合を終わらせた。

「決勝はジョコビッチとスタンの試合になりそうだな」「あのバックハンドがある限り、スタンは今年も勝つよ」「テニスの歴史上最高のバックハンド」「ゴリゴリのパワーテニス。だがそれがいい」「錦織は最後のドロップショット悔やんでるだろうな」など、ファンからは多くの意見が寄せられている。

ワウリンカ戦後の錦織はインタビューに答え「(タイブレークでネットに掛かったドロップショットは)あれが1番悔しい。プレーの選択は間違ってなかったと思うが、絶対に取らなければならないポイントだった。取っていれば違う流れになった可能性もある」と、勝負を分けた1球について振り返った。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top