【全豪オープン15】フェデラー破れる、ついに波乱が起こった3回戦 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【全豪オープン15】フェデラー破れる、ついに波乱が起こった3回戦

スポーツ 短信
ロジャー・フェデラー(2015年1月23日)(c)Getty Images
  • ロジャー・フェデラー(2015年1月23日)(c)Getty Images
  • ロジャー・フェデラー(2015年1月23日)(c)Getty Images
全豪オープン3回戦、男子シングルスに登場した第2シードのロジャー・フェデラーが、アンドレアス・セッピに1-3で敗れ姿を消した。今大会ついに大きな波乱が起こった。

23日も快晴のメルボルンで行われた全豪オープン。2回戦で右手の小指を痛め「今までに感じたことがない、蜂に刺されたような痛みだった」と言うフェデラー。貼っても仕方ないとテーピングなどはせず現れた。

2回戦は第1セットを落としたところから逆転で勝ち上がったが、この日もセッピに第1セット、第2セットを連取される。フェデラーは調子が上がらず序盤からミスを連発、さらにセッピが試合後「テニス人生で最高の出来」と振り返る絶好調ぶり。

第3セットは取り返し逆転に望みを繋げたフェデラーだが、第4セットもチャンスを生かし切ることが出来ず、タイブレークに突入する。ポイントでリードしたフェデラーを、セッピもスーパーショットの連続で追い上げ、最後はネットに出てきたフェデラーの横を抜いたボールが誰もいないコートに落ちて決着。

対フェデラー10連敗だったセッピが、大舞台で借りをまとめて返した。

14年ぶりとなるフェデラーの3回戦敗退に「彼がいないなんて何を楽しみにすればいいんだ」「俺の全豪オープンも終わった」「何があってもロジャーを応援し続ける」と悲しみのコメントが寄せられた。

「セッピは一世一代のテニスをした」「みんなロジャーが負けて悲しいのは分かる。だが勝者を称えるべきだ」など、セッピの勝利を祝福するコメントもあったが、多くはフェデラー敗退への悲観的な意見だった。

フェデラーは試合後、敗因を聞かれると「相手が良かっただけ」と答えた。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top