【ツアー・ダウンアンダー15】再びウィランガ・ヒルを制したリッチー・ポート「ジャージが獲れなくてちょっと残念」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツアー・ダウンアンダー15】再びウィランガ・ヒルを制したリッチー・ポート「ジャージが獲れなくてちょっと残念」

スポーツ 短信
後ろを振り返りながらゴールするRichie Porte
  • 後ろを振り返りながらゴールするRichie Porte
  • ステージ5
  • ステージ5
ツアー・ダウンアンダー最大の勝負どころウィランガ・ヒル、2015年大会でも2年連続でこの上りを制したのはリッチー・ポート(チームスカイ)だった。

1月24日の第5ステージ、終盤の横風区間で集団が分裂し、BMCレーシングなどが先行すると、チームスカイのアシストたちは力を尽くしてポートを先頭に戻した。

チームの期待に応えてポートは残り1.2kmでアタックすると、追いすがる総合首位のローハン・デニス(BMCレーシング)を最後は振り切り、ステージ優勝を獲得。沿道の大観衆が見守る中、先日のオーストラリア選手権のタイムトライアルに続き、好調な2015年のスタートを切った。

しかし、総合順位では2位に上がったものの、デニスにはわずかに2秒届かずリーダージャージを手繰り寄せることができなかった。

「ジャージが獲れたとは思わないけど、ちょっと残念だね。でも、ステージ優勝できてうれしいよ。最高の1年のスタートだ。去年はつらいシーズンだったからね。チームはすばらしかった。全面的にローハンを称えるよ。彼に対してできる限り全力を尽くしたけど、十分じゃなかった。明日はまだ逆転の可能性があるけど、僕はある意味今日で片をつけたいと思っていたんだ」

「この上りはよく知っている。パラクーム(第3ステージ)よりもずっと僕に合っているんだ。今日はツールやジロのステージを走っているようだったよ」
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top