【ツアー・ダウンアンダー15】デヘントは山岳賞ジャージを着用「ジャージ獲得は難しいけど、可能だ」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツアー・ダウンアンダー15】デヘントは山岳賞ジャージを着用「ジャージ獲得は難しいけど、可能だ」

スポーツ 短信
ツアー・ダウンアンダー15、第2ステージ
  • ツアー・ダウンアンダー15、第2ステージ
  • トーマス・デヘント(ロット・スーダル)
2015年ツアー・ダウンアンダー、1月21日の第2ステージ、ベルギー人のトーマス・デヘント(ロット・スーダル)は、2人のオーストラリア人、キャメロン・メイヤー(オリカ・グリーンエッジ)とキャンプベル・フレイクモア(BMCレーシング)とともに逃げに乗った。

12km地点で形成されたこの逃げは、62km地点で最大3分55秒のリードを築くが、集団のペースアップによって残り25kmで早くも吸収された。

デヘントは「僕たちはチームの中で誰かを逃げに入れたかった。逃げ切りは可能だったからね。僕は3回トライして、逃げに入れたんだ。逃げ切れると思ったけど、集団はすぐに追走を始めた。最終的にかなり早めに捕まったね。フレイクモアはあまり協力しなかった。おそらくエースのカデル・エバンスのためだね」と、この日の走りを振り返る。

この逃げの間、デヘントは2級山岳と2つの中間スプリントをトップ通過し、敢闘賞を受賞。山岳賞では総合首位のジャック・ボブリッジ(UniSAオーストラリア)と同ポイントながら、ボブリッジがリーダージャージを持っているため、第3ステージはデヘントが山岳賞ジャージを着用する。

「明日、僕は山岳賞ジャージを着てスタートする。ゴール前500mでは16ポイント(1級山岳)獲得できる。トップ5で走れれば、ジャージを守れる。今日の明日だから、簡単じゃないけどね。他のステージではチャンスがある。第4ステージでは逃げに入らないといけないし、第5ステージでもベストを尽くす。山岳賞ジャージ獲得は難しいけど、可能だ。できる限りのことはやるよ」と、デヘントは最終的に山岳賞ジャージを持ち帰ることを目指している。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top