【ツアー・ダウンアンダー15】第1ステージ、ボブリッジがギリギリの逃げ切り勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツアー・ダウンアンダー15】第1ステージ、ボブリッジがギリギリの逃げ切り勝利

スポーツ 短信
2015年ツアー・ダウンアンダー第1ステージ、ジャック・ボブリッジ(UniSAオーストラリア)が優勝
  • 2015年ツアー・ダウンアンダー第1ステージ、ジャック・ボブリッジ(UniSAオーストラリア)が優勝
  • STAGE1
  • STAGE1
  • STAGE1
  • STAGE1
  • STAGE1
  • STAGE1
  • STAGE1
オーストラリアのステージレース、2015年ツアー・ダウンアンダーが1月20日開幕。タヌンダ~キャンプベルタウン間の132.6kmのコースで、第1ステージが争われた。

2015年UCIワールドツアー初戦となるツアー・ダウンアンダーには、今年も世界中からトップチーム、トップ選手が集結。第1ステージは、先日の森林火災の被害を受けた地域を通過するアップダウンのあるコースが舞台となった。

スタート後数kmでジャック・ボブリッジ(UniSAオーストラリア)がリーウェ・ウェストラ(アスタナ)、ルーク・ダーブリッジ(オリカ・グリーンエッジ)、マキシム・ベルコフの4人と逃げ集団を形成し、最大約2分のタイム差を開く。

しかし残り28km地点の2級山岳ではタイム差は約20秒へと縮まり、4人が捕まるのは時間の問題かと思われた。

集団内ではジャイアント・アルペシンなどがゴールスプリントを狙っていたが、逃げる4人はペースを緩めず20~30秒のタイム差でゴールへと近づいていく。

最後は追いかける集団を振り切って4人でステージ優勝を争い、ラスト200mから力強い加速を見せたボブリッジが勝利をつかみ取った。

2位はウェストラ、3位にはダーブリッジが入った。集団もすぐ背後まで迫っており、ボブリッジらとタイム差なしでフィニッシュ。まさにギリギリの勝利だった。

ボーナスタイムも獲得したボブリッジは、オーカー(黄褐色)のリーダージャージにも袖を通した。今月末に予定しているアワーレコード挑戦に向けても、幸先のいいスタートとなった。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top