2014-15トラックワールドカップ第3戦、男子ケイリンは地元コロンビアのプエルタが金メダル 日本勢は8、9位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2014-15トラックワールドカップ第3戦、男子ケイリンは地元コロンビアのプエルタが金メダル 日本勢は8、9位

スポーツ 短信
ファビアン・プエルタ(コロンビア)2014年12月(c)Getty Images
  • ファビアン・プエルタ(コロンビア)2014年12月(c)Getty Images
  • ファビアン・プエルタ(コロンビア)2014年12月(c)Getty Images
2014-15UCIトラックワールドカップ第3戦コロンビア・カリ大会、1月17日の男子ケイリンは地元コロンビアのファビアン・プエルタがうれしい優勝を飾った。

昨年同じくカリで行われたトラック世界選手権では銀メダルに終わっていたプエルタ。そのとき金メダルを獲得したフランソワ・ペルビス(フランス)は、今大会ではメカトラブルによる落車で戦線離脱する。

決勝では、満員の観客から声援の後押しを受けてプエルタが優勝。シェーン・パーキンス(オーストラリア)が銀メダル、マット・バラノウスキー(アメリカ)が銅メダルだった。

プエルタは「地元の観客の前で勝てるなんて、僕にとって最高にうれしい瞬間だ」と歓喜を表していた。第1戦では3位、第2戦では2位に入ったプエルタは、405ポイントでワールドカップタイトルも獲得した。

日本勢2人は7~12位決定戦に回り、渡邉一成が8位、脇本雄太が9位だった。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top