女子ロードのリオ五輪枠を争うアジア選手権まで1年。伊豆大島でプレ大会開催 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

女子ロードのリオ五輪枠を争うアジア選手権まで1年。伊豆大島でプレ大会開催

スポーツ 短信
伊豆大島のアジア選手権コースを試走。気圧配置によっては西側の海から強風が吹き寄せる
  • 伊豆大島のアジア選手権コースを試走。気圧配置によっては西側の海から強風が吹き寄せる
2016年に日本でアジア選手権が開催されることになり、その1年前にあたる1月17~18日にロード競技の会場となる伊豆大島でコース試走とタイムトライアル選手権が開催された。

女子ロードに関しては優勝者の国にリオ五輪の出場枠1が与えられるだけに、この季節の気象条件やコースの適正などを見極める意味でも重要な大会だった。萩原麻由子(ウィグルホンダ)や梶原悠未(筑波大坂戸高)、男子の全日本チャンピオン佐野淳哉(那須ブラーゼン)らが参加した。

第36回アジア自転車競技選手権大会、第23回アジアジュニア自転車競技選手権大会、第4回アジア・パラサイクリング自転車競技選手権大会は2016年1月19~24日に東京都大島町でロードレース、1月26~30日に静岡県伊豆市・伊豆ベロドロームでトラックレースが行われる予定。
《山口和幸》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top