【UCIロード世界選手権14】男子エリート個人TT、ウィギンスが初の世界王者に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【UCIロード世界選手権14】男子エリート個人TT、ウィギンスが初の世界王者に

スポーツ 短信

2014年UCIロード世界選手権・男子エリート個人TT、ブラッドリー・ウィギンス(イギリス)が優勝優勝
  • 2014年UCIロード世界選手権・男子エリート個人TT、ブラッドリー・ウィギンス(イギリス)が優勝優勝
  • ブラッドリー・ウィギンス(チームスカイ)
スペイン・ポンフェラーダで開催中の世界選手権ロードは9月24日、男子エリート個人タイムトライアル(TT)が47.1kmのコースで争われた。

最後から2番目に出走したブラッドリー・ウィギンス(イギリス)は56分25秒の最速タイムを叩き出し、この種目で初の世界王者に輝いた。平均速度は時速50.1kmに達した。

ウィギンスはトラック競技でも世界王者に6回、五輪金メダリストに3回輝いていて、ロードでも2012年ツール・ド・フランスの総合優勝、2012年ロンドン五輪個人TTの金メダルを獲得。輝かしいキャリアにまた新たな栄冠を付け加えることになった。

この種目3連覇中のトニー・マルティン(ドイツ)は26秒差の2位、今季急成長中のトム・ドゥムラン(オランダ)が40秒差の3位に入り、表彰台に上がった。
《》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top