橋本英也がアジア競技大会の自転車オムニアムで大逆転の金 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

橋本英也がアジア競技大会の自転車オムニアムで大逆転の金

スポーツ 短信

アジア競技大会のオムニアムで金メダルを獲得した橋本英也
  • アジア競技大会のオムニアムで金メダルを獲得した橋本英也
  • アジア競技大会のオムニアムで金メダルを獲得した橋本英也
  • アジア競技大会のオムニアムで金メダルを獲得した橋本英也
  • アジア競技大会のオムニアムで金メダルを獲得した橋本英也
  • アジア競技大会のオムニアムで金メダルを獲得した橋本英也
  • アジア競技大会のオムニアムで金メダルを獲得した橋本英也
鹿屋体育大の橋本英也がアジア競技大会・自転車トラック種目のオムニアムで金メダルを獲得した。オムニアムは2日間で6種目をこなす複合競技。

橋本はスクラッチ5位32点、個人パーシュート(4分44秒685)9位24点、エリミネーション11位20点、1kmタイムトライアル(1分07秒029)5位32点、フライングラップ(18秒670)5位32点、ポイントレース1位94点で総得点234。2位に2点差、3位に5点差という大接戦だった。

最終種目のポイントレースを前に橋本は140点で8位。トップのチョホスン(韓国)に54点差をつけられていた。しかし同種目のルール改正を生かして最終種目で逆転。

「自分の非力さを実感した。最後のポイントレースで逆転優勝できるとは思わなかったが、自分には運があった。新ルールでなかったら勝てなかった」と橋本。
  
《編集部》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top