大口径ズームレンズと1.0型センサーを搭載「PowerShot G7 X」と世界最高クラス光学65倍ズーム「PowerShot SX60 HS」発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

大口径ズームレンズと1.0型センサーを搭載「PowerShot G7 X」と世界最高クラス光学65倍ズーム「PowerShot SX60 HS」発売

新着 技術

PowerShot SX60 HS
  • PowerShot SX60 HS
  • PowerShot G7 X
キヤノンは、コンパクトデジタルカメラの新製品として、小型ボディーでありながら高画質を実現した「PowerShot G7 X」と、超広角から超望遠までさまざまな被写体の撮影を可能にする「PowerShot SX60 HS」を、10月3日より発売する。

高画質と小型化を両立させたプレミアムモデルPowerShot G7 Xは、24-100mm相当F1.8-F2.8の大口径レンズと、1.0型の大型CMOSセンサーを搭載することで、小型ながら高画質を実現。さらに、約0.14秒の高速AFや、最速約6.5枚/秒の高速連写機能を備えるなど、ハイアマユーザーの幅広いニーズに応えるハイエンドモデルだ。

世界最高クラスの高倍率モデルPowerShot SX60 HSは、超広角から超望遠に対応した21-1365mm相当F3.4-F6.5の世界最高クラス光学65倍ズームレンズを搭載。さらに、持ちやすいグリップとレンズシフト式手ブレ補正機能により、高倍率時でも手ブレを抑えて安定した撮影ができる。
《》

編集部おすすめの記事

page top