高速連写・AF性能を追求したAPS-Cフラッグシップ「EOS 7D Mark II」キヤノン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

高速連写・AF性能を追求したAPS-Cフラッグシップ「EOS 7D Mark II」キヤノン

新着 技術

「EOS 7D Mark II」キヤノン
  • 「EOS 7D Mark II」キヤノン
キヤノンは、高速連写性能に優れた「EOS 7D」の後継機として、連写・AF性能をさらに向上させたAPS-CサイズCMOSセンサー搭載機のフラッグシップ機「EOS 7D Mark II」を11月上旬より発売する。

EOS 7D Mark IIは、最高約10コマ/秒の高速連写と、EOSシリーズの中で最多の測距点数となるオールクロス65点AFを備え、高速で複雑な動きをする被写体の決定的な瞬間を捉える、卓越した動体撮影性能を備えたAPS-Cフラッグシップ機。

最高約10コマ/秒の高速連写に加え、広いエリアでの測距と65点の全点でクロス測距が可能な優れたAF性能を兼ね備えている。さらに、被写体の顔や色を検知して追尾するEOS iTR AFと、高精度にAF追従するAIサーボAF IIIにより、高速連写とあわせて卓越した動体撮影性能を発揮。測距点やさまざまな情報を表示する「インテリジェントビューファインダーII」を新たに採用し、ファインダーをのぞいたまま、さまざまな撮影設定が可能となっている。

APS-Cサイズ・約2020万画素の新開発CMOSセンサーと映像エンジンを2基採用したデュアルDIGIC6により、静止画・動画ともに最高ISO16000の常用ISO感度を達成し、低ノイズで階調豊かな描写を実現した。

滑らかで追従性の高いAFを実現する「デュアルピクセルCMOS AF」を採用し、手軽に美しい映像表現が可能となった。また、フルHD/59.94pの高いフレームレートでの撮影や、再生互換性の高いMP4形式での動画記録にも新たに対応している。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top