「どこか違和感がある」為末大氏、和製ヒップホップへの持論で炎上 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「どこか違和感がある」為末大氏、和製ヒップホップへの持論で炎上

エンタメ 話題

 元陸上選手の為末大氏が19日に自身のTwitterで、「日本で生まれ育った人がヒップホップをやるとどこか違和感がある」と発言。ヒップホップファンと思われる一般のTwitterユーザーから批判が殺到している。

 為末氏は、「憧れの人を設定した時点で、憧れの人を越えないという意識を自分のなかで持ってしまう事にもなる」と持論を展開させた際、「悲しいかな、どんなに頑張っても日本で生まれ育った人がヒップホップをやるとどこか違和感がある。またアメリカ人が着物を着ても最後の最後は馴染みきれない」という例えを用いた。

 すると、「どんなに頑張っても日本で生まれ育った人がヒップホップをやるとどこか違和感がある」という部分に反発をおぼえたTwitterユーザーから「為末さんご自身の感覚の問題では無いでしょうか?」「じゃあ、横綱・白鵬には違和感を覚えますか?」「人の畑に唾吐くもんじゃない」といった批判の声が相次いで寄せられた。

 そういった意見のひとつ、日本人レゲエグループが本場ジャマイカの大会で優勝している例もあるとの指摘に対して、為末氏は、「なるほどそれは知りませんでした。だとすると僕の違和感がずれてる可能性が大きそうですね」と認めた。

 為末氏としては、「なにかのコピーになってしまうな」といった意味のことを伝えたかったのだろうが、どうやら誤解を招きやすい表現を使ってしまったようだ。

「どこか違和感がある」……為末大氏、和製ヒップホップへの持論で炎上

《原田@RBBTODAY》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top