【東京ゲームショウ14】モバイルゲームを大画面&ジェスチャーで手軽に楽しめるEGS 先行公開 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【東京ゲームショウ14】モバイルゲームを大画面&ジェスチャーで手軽に楽しめるEGS 先行公開

新着 技術

エクスビションのブース
  • エクスビションのブース
  • エクスビションのブース
  • エクスビションのブース
  • エクスビションのブース
  • エクスビションのブース
  • エクスビションのブース
  • エクスビションのブース
  • エクスビションのブース
これまでの3次元センサーや、画像処理を用いたジェスチャーUI技術を利用できるのは、遅延、認識精度、価格、アプリ開発の手間などの問題で、特定のプラットフォームに限られていた。

今回、東京大学からスピンアウトしたベンチャー企業であるエクスビションは「エクスビション・ジェスチャー・システム(以下EGS)」を開発。日頃スマホやタブレットで楽しんでいるゲームを、そのままTV画面と手を使うなどのジェスチャーにより、臨場感あふれる形でプレイすることができる。

EGSの特徴は3つ。まずは 高性能ジェスチャー機能だ。EGSはユーザーの手の動きを高速かつ高精度で認識できる。従って、キーボード入力や、絵を描くなどの細かい作業をストレスなくスムーズに行うことが可能となっている。

また、シンプルで低コストを実現した点も特徴。3次元センサーや赤外線光源を使わず、市販のCMOSセンサー一眼とソフトウェアのみで構成されているシンプルなシステムなので、小型で安価である。

そしてオープンなジェスチャーUIを特徴としている。androidやwindows等の標準的なプラットフォームがサポートするマルチタッチを再現しているため、アプリを改造する必要がなく、すぐにTV画面とジェスチャーで遊ぶことができる。

このEGSは、東京ゲームショウで先行体験ができる。細かな動作まで遅延なく読み取るセンサーに、驚きの声が上がっていた。

体験者のひとりは「手を軽く動かすだけで画面上に正確に反映されるので、イライラすることなくゲームを楽しめた」「家族や友人と手軽に楽しく遊べそう」などとコメント。

このモバイルゲームを手軽に大画面&ジェスチャーで楽しめるEGSは2015年の春に発売予定。価格はまだ非公開だが、アメリカでは既に70ドルで販売されているので、その価格から大きく離れることはなさそうだ。
《大日方航》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top