ツール・ド・北海道第1ステージでマラグーティが逃げ切り勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツール・ド・北海道第1ステージでマラグーティが逃げ切り勝利

スポーツ 短信

ツール・ド・北海道第1ステージでマラグーティが逃げ切り勝利
  • ツール・ド・北海道第1ステージでマラグーティが逃げ切り勝利
ツール・ド・北海道の第1ステージが9月13日に行われ、ビーニファンティーニNIPPOのアレッサンドロ・マラグーティ(イタリア)を含む3選手が19秒差でゴールまで逃げ切り、マラグーティがゴールスプリントを制してステージ優勝。総合成績でも首位に立った。

3日間の日程で開催されているツール・ド・北海道。北海道を舞台に開催される歴史ある大会で、2014年は道東、道央がレースの舞台となる。大会初日の13日に開催された第1ステージは、千歳市市役所で開会式を終えたあと、千歳市から新得町までの190.7kmで開催された。112km、172.7km地点に山岳ポイントがあり、比較的起伏に富んだコースレイアウト。

レースが始まり1時間くらい経過すると5名の先頭集団が形成されたが、1つ目の山岳ポイントを越えて集団に吸収される。その後、マラグーティを含む4選手が先行し、最終的には3名になってゴールまで加速、3選手による逃げ切りの展開となった。

アシストとして逃げに乗っていたマラグーティは体力を温存できていたこともあり、3選手によるゴールスプリントを制してステージ優勝。集団に19秒差、またボーナスタイムを10秒獲得し、総合成績で首位に立ち、緑色のリーダージャージを獲得した。同時にポイント賞、山岳賞も獲得している。

3選手のあとは大集団でのゴールを迎え、黒枝士揮が後続集団のスプリントを制してステージ4位、そしてリカルド・スタキォッティ(イタリア)が5位、ピエールパオロ・デネグリ(イタリア)が6位と続きました。

「今シーズンはチームからの期待に対して、思ったどおりのレース運びができず、多くのストレスを抱えていた。そして今回の来日直前の事故(トレーニング中にクラッシュして顔面に多くの傷を負った)は不運に感じ本当に腹立たしかったんだ。でもこの勝利がやっと暗いトンネルから抜け出せるチャンスにつながると思う。勝てて本当にうれしい」とマラグーティ。
《編集部》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top