【ツアー・オブ・ブリテン14】第2ステージ、忠実なアシストのレンショーが移籍後初勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツアー・オブ・ブリテン14】第2ステージ、忠実なアシストのレンショーが移籍後初勝利

スポーツ 短信

2014年ツアー・オブ・ブリテン第2ステージ、マーク・レンショー(オメガファルマ・クイックステップ)が優勝
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第2ステージ、マーク・レンショー(オメガファルマ・クイックステップ)が優勝
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第2ステージ、マーク・レンショー(オメガファルマ・クイックステップ)が優勝
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第2ステージ、マルセル・キッテル(ジャイアント・シマノ)ら
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第2ステージ、山岳賞のマーク・マクナリー(アンポスト・チェーンリアクション)
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第2ステージ
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第2ステージ
2014年ツアー・オブ・ブリテン(UCIヨーロッパツアー2.HC)、9月8日の第2ステージはノーズリー~スランディドノ間の200.8kmのほぼ平坦なコースで争われた。

パブロ・ラストラス(モビスター)ら6人の逃げが終盤に捕まると、その後はアタック合戦が巻き起こる。オメガファルマ・クイックステップのミカル・クビアトコウスキー、ニキ・テルプストラ、モビスターのアレックス・ダウセットらが一時飛び出すが、最後は集団スプリントで決着。

前日の落車で左脚の大腿四頭筋を痛めているマーク・カベンディッシュ(オメガファルマ・クイックステップ)に代わり、いつもはカベンディッシュの忠実なリードアウト役を務めるマーク・レンショーがスプリントに挑み、ステージ優勝を飾った。2位はベン・スイフト(スカイ)、3位はサム・ベネット(NetAppエンデューラ)。

現チーム移籍後初勝利を挙げ、リーダージャージも獲得したレンショーは、チームを通じ次のように語っていた。

「ちょっと難しいゴールだったけど、ツール・ド・フランス後、僕の脚の調子はよかったんだ。スプリントはいいタイミングだったし、うまくいったね」

「昨日、マーク・カベンディッシュがクラッシュしたのは残念だった。それでも昨日、彼は3位に入った。いつもは彼が僕の後ろに入るのが完璧なスプリントなんだ。今の彼は回復に努めている。まだこのレースを走っているのがすごいよ。個人的には今年このジャージでの初勝利でチームに恩返しできてうれしいね」
《》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top