【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】デゲンコルプがブエルタ通算8勝目「落ち着け、慌てるな、と叫び続けた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】デゲンコルプがブエルタ通算8勝目「落ち着け、慌てるな、と叫び続けた」

スポーツ 短信

2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ第12ステージ、ジョン・デゲンコルブ(ジャイアント・シマノ)が優勝
  • 2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ第12ステージ、ジョン・デゲンコルブ(ジャイアント・シマノ)が優勝
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第12ステージ
  • ジョン・デゲンコルプ(ドイツ)
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、9月4日の第12ステージは久しぶりに集団スプリントで決着し、ジョン・デゲンコルプ(ジャイアント・シマノ)が今大会3勝目、ブエルタ通算8勝目のステージ優勝を挙げた。

第7ステージの落車で右脚を負傷したデゲンコルプだが、この日は終盤のクラッシュを切り抜けると、最後はチームメイトのラモン・シンケルダムのリードアウトからスプリントを開始。2年前のブエルタのこのコースも制しているデゲンコルプは、その勝利を見事に再現した。ポイント賞争いでもリードを広げ、ジャージを守っている。

チームから発表されたデゲンコルプのコメントは以下の通り。

「終盤は荒れた展開だった。僕たちの成功のカギは落ち着いていたことだね。でも、完璧でも予定通りでもなかった。僕たちは狭い道とロータリーでバラバラになった。最後はラモンと僕が前にいて、僕たちの走りは完璧だった。僕は『落ち着け、慌てるな』と叫び続け、彼は完璧な仕事をしてくれた」

「彼はこの前の2勝で役に立てなくて落ち込んでいた。だから、今日は大きな役割を果たせて最高だったね。このチームで彼が成長しているのはいいことだし、こういうかたちでもう1勝できて本当にうれしいよ」

「マイヨプントス(ポイント賞ジャージ)については、これからタフなステージが続くし、ポイント獲得が難しいから、1日1日取り組んでいくよ」
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top