カメラ撮影角やライトの照射角、衝撃吸収サスペンションマウント | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

カメラ撮影角やライトの照射角、衝撃吸収サスペンションマウント

新着 ビジネス

カメラ撮影角やライトの照射角、衝撃吸収サスペンションマウント
  • カメラ撮影角やライトの照射角、衝撃吸収サスペンションマウント
ビーズは、ドッペルギャンガーより、ハンドル用アタッチメント「サスペンションマウント DLST194-DP / DLST194-RD / DLST194-SL」を発売する。

「サスペンションマウント DLST194-DP / DLST194-RD / DLST194-SL」は、重量120gのアルミニウム合金製のマウント。 最大の特徴は、作動時にも搭載機器の角度を維持する「パラレルリンクサスペンション」機構。 衝撃を吸収しながらカメラの撮影角度やライトの照射角度を保持することができる。

様々な車種に取り付けることを想定しラバースペーサーを付属しているため、直径22.2mm~31.8mmの幅広い径のフレームやハンドルバーに対応。 またマウントも左右2本装備しているため、状況に応じて片方を取り付け・取り外して使用できる。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top