【USAプロチャレンジ14】8月18日開幕、42歳フォイクトが現役最後のレース「自分の力を一滴残らず出し切る」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【USAプロチャレンジ14】8月18日開幕、42歳フォイクトが現役最後のレース「自分の力を一滴残らず出し切る」

スポーツ 短信
イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング、参考画像)
  • イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング、参考画像)
  • イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)2014年ツアー・オブ・ユタより(参考画像)
  • イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)2014年ツアー・オブ・ユタより(参考画像)
  • (参考画像)
  • (参考画像)
アメリカ・コロラド州のステージレース、2014年USAプロチャレンジ(UCIアメリカツアー2.HC)が8月18~24日の7日間に渡り開催される。8月17日には主要選手の記者会見が行われ、このレースで引退するイェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)も出席した。

ツール・ド・フランスに史上最多タイ17回出場した42歳のフォイクトはドイツ人だが、2012年にステージ優勝を挙げたアメリカのレースを最後の戦いの場に選んだ。大会から発表された会見の内容の一部は、以下の通り。

「そう、これが僕の最後のレースになる。自分でもまだ信じられないよ。人生でスタートリストにサインするのも最後だね。僕は33年間、自転車選手だった… 人生の大部分だ。大きな塊が終わろうとしている。この先は多くの挑戦があるだろう。すばらしい瞬間に出会えたし、世界最高の人たちと出会えた。自転車というスポーツと、それが僕に与えてくれたものに感謝している」

「僕は自らの運命を支配したいんだ。好調のままやめて、もう一度見せ場を作りたい。自分の力を一滴残らず出し切るんだ。僕の脚は『もう一年は続けられるぞ』と語っているから、選手たちは僕が最後に逃げると賭けているだろうね。去年の終わりには、今シーズンについて話し合っていた。僕は、立派に最後のシーズンを過ごしたかったんだ」

「アメリカには最高のファンのベースがあると思うんだ。僕のキャリアをここで終えるのが、ふさわしいと思っていた。『バカげた』逃げを続ける自由をもらえることを願っているよ。ここの空気はフレッシュで澄んでいると感じるんだ。美しい州だよ。マウンテンバイクやハイキングもできればいいね。ここにいるとちょっとした心の安らぎを感じるんだ。魂にとっていいんだね。幸せな気分になるよ」

USAプロチャレンジは、16チーム、128選手が出場。地元コロラド州出身で昨年総合優勝のティージェイ・バンガーデレン(BMCレーシング)をはじめ、トム・ダニエルソン(ガーミン・シャープ)、イバン・バッソ(キャノンデール)、ラファル・マイカ、マイケル・ロジャース(ティンコフ・サクソ)、フランク・シュレク(トレックファクトリーレーシング)などの有力選手も参戦する。
《》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top