今年コミケのWi-Fiは気球で打ち上げ。ソフトバンクモバイル、車載係留気球Wi-Fiシステム開発 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

今年コミケのWi-Fiは気球で打ち上げ。ソフトバンクモバイル、車載係留気球Wi-Fiシステム開発

新着 技術
今年コミケのWi-Fiは気球で打ち上げ。ソフトバンクモバイル、車載係留気球Wi-Fiシステム開発
  • 今年コミケのWi-Fiは気球で打ち上げ。ソフトバンクモバイル、車載係留気球Wi-Fiシステム開発
  • 今年コミケのWi-Fiは気球で打ち上げ。ソフトバンクモバイル、車載係留気球Wi-Fiシステム開発
ソフトバンクモバイルは、車載の係留気球によりWi-Fi基地局を地上数十メートルの高さに揚げて広域のサービスエリアを迅速に構築する「車載係留気球Wi-Fiシステム」を開発した。

ソフトバンクモバイルでは、災害などで通信障害が発生しているサービスエリアを迅速に復旧させることを目的として、2013年3月に第三世代移動通信システム(W-CDMA)を対象として係留気球を利用した臨時無線中継システム(以下「気球無線中継システム」)を開発した。

車載係留気球Wi-Fiシステムは、既存の気球無線中継システムを大幅に改良し簡素化したもので、車外に広い作業スペースを必要とせず、会場到着後約30分程度でサービスを開始できるという。

車載係留気球Wi-Fiシステムでは、係留気球は車載の係留気球ボックスに収納されイベント会場へ運搬される。会場において係留気球ボックスの側面を気球の大きさに合うように広げ、その中で気球を膨らませ、Wi-Fi基地局を気球に取り付けて地上数十メートルの高さに揚げサービスを開始。一連の作業を全て車載の係留気球ボックス内で行うため、車外に広い作業スペースを必要とせず、風速10メートル以上の強風でも迅速に作業を行うことができるという。

車載係留気球Wi-Fiシステムは、快適かつ大容量のWi-Fi通信を実現するために開発した移動測定車に設置する「5.6GHz帯空間分割マルチチャネルWi-Fiシステム」と組み合わせて運用。空中から広域のエリアを車載係留気球Wi-Fiシステムでカバーし、高密度トラフィックのエリアを5.6GHz帯空間分割マルチチャネルWi-Fiシステムでカバーすることで、大規模イベントで発生する大量の通信トラフィックを効率よく処理することができる。

ソフトバンクモバイルでは、28月15日から17日に東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット86」において、初めて車載係留気球Wi-Fiシステムを用いたサービスを提供する。今後は、屋外でのさまざまな大規模イベントにおいて本システムを活用する予定。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top