【ツール・ド・ポローニュ14】総合優勝を決めたマイカ、ポーランドに新しいヒーローが誕生した | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・ポローニュ14】総合優勝を決めたマイカ、ポーランドに新しいヒーローが誕生した

スポーツ 短信

地元ポーランドで総合優勝したマイカ(ツール・ド・ポローニュ14)
  • 地元ポーランドで総合優勝したマイカ(ツール・ド・ポローニュ14)
  • 個人タイムトライアル、マイカのスタート(ツール・ド・ポローニュ14)
  • 大歓声の中ゴールするマイカ(ツール・ド・ポローニュ14)
  • クラクフ市内(ツール・ド・ポローニュ14)
  • クラクフ市内(ツール・ド・ポローニュ14)
  • 区間優勝したバンデワーレ(ツール・ド・ポローニュ14)
  • 区間優勝したバンデワーレ(ツール・ド・ポローニュ14)
  • 区間優勝したバンデワーレ(ツール・ド・ポローニュ14)
東欧のポーランドを舞台にしたステージレース、第71回ツール・ド・ポローニュ。最終日となる第7ステージの個人タイムトライアルがクラクフ市内を往復する25kmで行われた。

この日の注目は何と言っても地元ポーランドのラファル・マイカ(ティンコフ・サクソ)だ。今大会山岳ステージで2勝を挙げ、ツール・ド・フランス山岳賞の実力を見せつけたマイカ。しかし個人タイムトライアルは決して得意とは言えない。総合2位、スペインのベナト・インサウスティ(モビスター)とのタイム差はわずかに18秒。総合争いはマイカから1分以内に11人がひしめき合う混戦状態だった。

しかしふたを開けてみれば、マイカは優勝したベルギーのクリストフ・バンデワーレ(トレックファクトリーレーシング)から43秒遅れの区間13位。総合3位、スペインのヨン・イサギレ(モビスター)に総合タイム8秒差まで詰め寄られたがマイカには及ばなかった。マイカが総合リーダージャージを守りきった。

こうしてマイカが見事に地元ポーランド人として、第71回ツール・ド・ポローニュの総合優勝者の座についた。クラクフ市内は文字通りマイカへの大声援で包まれた。新しいヒーローの誕生により一層ポーランドのスポーツ界、自転車界が活性化することだろう。
《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top