【NEW環境展14】電動三輪車を来年に量産化へ…E・ミニモ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【NEW環境展14】電動三輪車を来年に量産化へ…E・ミニモ

新着 技術
E・ミニモが開発した電動三輪車「バトラ03L」
  • E・ミニモが開発した電動三輪車「バトラ03L」
  • E・ミニモが開発した電動三輪車「バトラ03L」
  • E・ミニモが開発した電動三輪車「バトラ03L」
  • E・ミニモが開発した電動三輪車「バトラ03L」
電動スクーターの開発を手がけるE・ミニモ(本社・神奈川県藤沢市)は、「2014NEW環境展」に電動3輪スクーター「バトラ03L」を出展。来年中に量産化し、法人向けに本格的な販売を開始するという。

このスクーターの特徴は2つの国産小型SR(スイッチト・リラクタンス)ホイールモーターを採用していることで、これによって50kgの荷物を積んでも、急勾配の坂を難なく登っていける。しかも、後輪はスウィングするので、通常のオートバイのように、体を傾けながら、コーナーをスムーズに曲がることができる。

バッテリーはリチウムイオン電池を使用し、1回のフル充電で「時速30kmなら100km、時速45kmで80kmの走行が可能です。4年後でも50km走ることができます」と説明員は太鼓判を押す。

また、タブレット端末を装着でき、いつでもどこでも通信が可能になる。これによって、運営者はスクーターの場所がわかり、さまざまな指示を出すことができる。まさしくデリバリーにはうってつけのスクーターと言える。

生産はアディバの台湾工場で行う予定で、「日本以外の国にも販売していきたい」と説明員。すでにスイス、イタリア、ドイツなど欧州諸国から引き合いもあるそうだ。価格は88万円だ。

【NEW環境展14】法人向け電動三輪車を来年に量産化へ…E・ミニモ

《山田清志@レスポンス》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top