【ジロ・デ・イタリア14】新城幸也みたび落車…同じ部位を強打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア14】新城幸也みたび落車…同じ部位を強打

スポーツ 短信

ジロ・デ・イタリア第17ステージ、集団の中でチームメートとまとまりエースのピエール・ローラン(最後方)を援護する
  • ジロ・デ・イタリア第17ステージ、集団の中でチームメートとまとまりエースのピエール・ローラン(最後方)を援護する
  • ジロ・デ・イタリア第17ステージ、逃げの集団でホームタウンを通過するダビデ・マラカルネ(先頭)
  • ジロ・デ・イタリア第17ステージ、25名から抜け出した5名でのゴールスプリントを制したステファノ・ピラッツィ
  • ジロ・デ・イタリア第17ステージのゴール後、納得いかない表情で落車の様子を語る新城
新城幸也(ヨーロッパカー)がジロ・デ・イタリア第17ステージの終盤に他チームのサポートカーと接触し、今大会で3回目の落車をし、ケガの痛みが続く尾てい骨を強打した。新城はメイン集団でゴールし、区間147位でこの日のステージを終えた。

スタート前には一波乱があった。前日の超級山岳ステージで、「下り区間をニュートラル(レースをしない移動区間)とする」という主催者からの指示が、伝わっていたというチームと、伝わっていなかったというチームの意見がぶつかった。

主催者側を含めて三つ巴の議論を繰り広げ、一部ではこの日のレースはストライキするという噂もあったが、各チームの監督たちによる長い話し合いによりレースは通常通りスタートした。

スプリンターにとって残り少ない活躍の場とあって、前半の下り基調から続くアタック合戦は60km以上にも及んだ。スタートしてから約2時間近く続いたハイスピードのアタック合戦は25選手のエスケープにより終了。ヨーロッパカーからはコースの一部が地元となるダビデ・マラカルネが地元の大声援にこたえて先頭集団に入った。

各チームの選手が含まれているということもあり、後続集団の追いあげもないままゴールへ。最後は抜け出した5選手でのゴールスプリントとなり、ステファノ・ピラッツィ(バルディアーニCSF)が優勝した。

新城は無難に後続集団でのゴールかと思われたが、突然の雨にウインドブレーカーを取りにチームカーへ下がった。集団に復帰する最中、他チームのサポートカーが並走して監督同士が雑談しながらロータリーに入り、道幅が狭くなったことで一方のチームカーが急ブレーキ。すぐ後ろにいた新城はこれをよけきれずに落車。今大会3度目の落車で再び尾てい骨を強打。

このチームカーに対し、すぐに抗議の意思を示したが、選手に配慮せず急ブレーキをかけたチームカーからの謝罪はなく、逆に新城が攻め立てられるという後味の悪い結果に。

「また、落車…」

新城の第一声は痛みと悔しさをこらえるような、絞り出すように言葉だった。
「また、同じところを打った。あと4ステージなのに」と多くは語らずチームバスに乗り込んだ。
《》

編集部おすすめの記事

page top