鈴木奈央が女子ジュニア個人パーシュートで2分32秒007の日本新記録 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

鈴木奈央が女子ジュニア個人パーシュートで2分32秒007の日本新記録

スポーツ まとめ

女子ジュニアスクラッチの鈴木奈央
  • 女子ジュニアスクラッチの鈴木奈央
  • 女子ジュニアスクラッチ
第34回アジア自転車競技選手権、第21回アジア・ジュニア自転車競技選手権が5月22日にカザフスタンのアスタナで開幕し、女子ジュニア2km個人パーシュートで鈴木奈央が2分32秒007の日本新記録で予選1位通過した。

同選手は23日の決勝に進出した。

男子ジュニア3km個人パーシュートの中村滝一は3分33秒605で予選4位。23日の3~4位決定戦へ。女子エリート3km個人パーシュートの小島蓉子は3分50秒540で5位。男子エリート4km個人パーシュートの近谷涼は4分35秒416で6位。

女子エリートスプリントは前田佳代乃は予選5位(11秒350)、石井貴子は予選7位(11秒672)で23日の1/4決勝に進んだ。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top