復興/復興支援道路は新たに5区間、42kmが2017年から2018年に開通 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

復興/復興支援道路は新たに5区間、42kmが2017年から2018年に開通

ライフ 政治

復興道路・復興支援道路の新たな開通見通し(国土交通省)
  • 復興道路・復興支援道路の新たな開通見通し(国土交通省)
  • 3月8日(土)に行われた宮城県内で進められている被災地の復旧・復興の状況視察の様子(国土交通省)
国土交通省は2014年度予算を踏まえ、復興道路・復興支援道路の新たな開通の見通しを確定。震災後となる2011年11月に事業化された三陸沿岸道路の山田から宮古南間や、相馬福島道路の相馬から相馬西間など、5区間、42kmが2017年から2018年の2年間で開通する。

2017年度に開通するのは三陸沿岸道路(山田~宮古南)、三陸沿岸道路(田老~岩泉)、相馬福島道路(阿武隈東~阿武隈)。2018年度に開通するのは相馬福島道路(相馬~相馬西)、釜石花巻道路(遠野住田~遠野)となった。

震災以前からの事業箇所を含めると、復興道路・復興支援道路全体では、9区間で新たな延長が約80kmの開通する見通しとなる。

これにより、すでに開通されている区間を含めると、全体584kmの約6割となる327kmの開通見通しが確定した。
 
《》

編集部おすすめの記事

page top