【バリアフリー14】協栄製作所、電動アシスト付四輪自転車を展示…腰掛け感覚で乗れる低いフレーム | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【バリアフリー14】協栄製作所、電動アシスト付四輪自転車を展示…腰掛け感覚で乗れる低いフレーム

イベント 文化

電動アシスト付き4輪自転車
  • 電動アシスト付き4輪自転車
  • 電動アシスト付き4輪自転車
  • 電動アシスト付き4輪自転車
  • 電動アシスト付き4輪自転車 後輪のデフ
  • 電動アシスト付き4輪自転車 倒立型ハンドル
  • 電動アシスト付き4輪自転車
4月17日~19日に大阪市のインテックス大阪で開催されたバリアフリー14で、浜松市の協栄製作所は電動アシスト付き4輪自転車の『けんきゃくん』を展示した。

この電動アシスト付き四輪自転車の特長は、腰掛け感覚で乗りやすい低いフレーム、倒れにくい小径の四輪低重心、1充電で約30km走行できることだ。

低いフレームには、腰掛けるような姿勢で乗ったときに使いやすい倒立型ハンドルが付いており、ハンドルを持った状態で操作しやすいようにハンドル上端にブレーキレバーが取り付られている。

後輪にはデフが備えられており、四輪でも小回りが楽にできる。全長1350mm、全幅520mm、車体重量は23.5kg。4.4Ahのリチウムイオン電池は着脱式で充電時には車体から取り外すことができる。

同社は、外出がおっくうになりがちなお年寄りが移動しやすい乗り物をと、この電動アシスト付き四輪自転車を開発したという。
《山内 博@レスポンス》

編集部おすすめの記事

page top