八千代工業、陸上競技用車いすレーサーの販売を発表…7月1日受け付け | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

八千代工業、陸上競技用車いすレーサーの販売を発表…7月1日受け付け

新着 ビジネス

陸上競技用車いすレーザーのフラッグシップモデル極 2014 <KIWAMI>
  • 陸上競技用車いすレーザーのフラッグシップモデル極 2014 <KIWAMI>
八千代工業は、カーボンフレームの陸上競技用車いすレーザー(カーボンレーサー)のフラッグシップモデル『極 2014 KIWAMI』の販売申し込み受け付けを7月1日から開始すると発表した。

同時に、カーボンレーサーのパフォーマンスを高める超軽量カーボンホイールの販売申し込みも同時に受け付ける。カーボンレーサーの価格は消費税8%込みで216万円、カーボンホイールは同54万円。

今回のカーボンレーサーは、同社とホンダR&D太陽・本田技術研究所との共同研究により開発された。

なお、同社はフラッグシップモデル極 2014 KIWAMIと同じ設計思想でつくられた、より低価格のカーボンフレームとアルミ・シートフレームを組み合わせたスタンダードモデルの開発も進めており、販売の詳細が決まり次第発表するとしている。

フラッグシップモデル極 2014 KIWAMIの特徴は、3D測定技術により選手の体型にフィットした専用のシートフレームと、最先端カーボン設計技術による高振動減衰カーボンフレームおよび超軽量カーホンホイールだ。

同フラッグシップモデルは、選手の体型に合わせたオーダーメイドになるので、実車の引き渡しには、採寸・契約完了から約3ヶ月を予定しているという。

同フラッグシップモデルは、4月17日~19日の「バリアフリー14」(インテックス大阪)、5月23日~25日の「第17回国際福祉健康産業~ウエルフェア14~」(ポートメッセなごや)、10月1日~3日の「第41回国際福祉機器展H.C.R.14」(東京ビッグサイト東展示ホール)の各ホンダブースで展示される。
《山内 博@レスポンス》

編集部おすすめの記事

page top