イタリアの新ウエアブランド、MSティナが日本に上陸 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

イタリアの新ウエアブランド、MSティナが日本に上陸

新着 衣類

ビーニファンティーニNIPPOデローザが着用する新ウエアブランド、MSティナが日本でも販売されることになった。サイクルジャージ2014チームNIPPOは1万5200円(税抜き)、EFデザインビブショーツは1万9800円(税抜き)など。
  • ビーニファンティーニNIPPOデローザが着用する新ウエアブランド、MSティナが日本でも販売されることになった。サイクルジャージ2014チームNIPPOは1万5200円(税抜き)、EFデザインビブショーツは1万9800円(税抜き)など。
ビーニファンティーニNIPPOデローザが着用する新ウエアブランド、MSティナが日本でも販売されることになった。サイクルジャージ2014チームNIPPOは1万5200円(税抜き)、EFデザインビブショーツは1万9800円(税抜き)など。

MSティナはツール・ド・フランス参戦実績を持つ元自転車選手のマルセル・ティナッジが1986年にイタリアで設立。オールイタリアンメイド、高品質・高機能かつデザイン性の高いサイクルウエアを提供することで、イタリア国内でも評価の高い企業。

2014年からビーニファンティーニNIPPOデローザへウエア提供が決定したことでも、製品のクォリティの高さとブランドへの信頼がうかがえる。ビーニファンティーニウエアについては、いわゆる廉価版のレプリカではなく、選手たちが実際に着用しているウエアと同じ物を販売。

コレクションについては、MSティナの数あるラインナップから、ゴシックスタイルのグラフィックに蛍光反射材など機能性の高いディテールを施した最高級ライン「ブラックライト」を販売。素材・縫製、全てにおいて現在ベストのものを採用し、最高レベルの機能と洗練されたスタイ
ルを備えた最上ブランド「EFデザイン」から厳選した商品を提供していく。
《山口和幸》

編集部おすすめの記事

page top