自転車パーツと釣り具のシマノがスポーツカメラを4月発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

自転車パーツと釣り具のシマノがスポーツカメラを4月発売

バックナンバー 過去ニュース

大阪府堺市に本社を置くシマノが手のひらに収まるコンパクトサイズのカメラを4月に発売する。美しい映像を残せるフルハイビジョン画質対応で、サイクリング中の撮影のみならず、防水仕様なので水中で魚が泳ぐシーンなども撮影できる。2万7500円(税抜き)。
  • 大阪府堺市に本社を置くシマノが手のひらに収まるコンパクトサイズのカメラを4月に発売する。美しい映像を残せるフルハイビジョン画質対応で、サイクリング中の撮影のみならず、防水仕様なので水中で魚が泳ぐシーンなども撮影できる。2万7500円(税抜き)。
大阪府堺市に本社を置くシマノが手のひらに収まるコンパクトサイズのカメラを4月に発売する。美しい映像を残せるフルハイビジョン画質対応で、サイクリング中の撮影のみならず、防水仕様なので水中で魚が泳ぐシーンなども撮影できる。2万7500円(税抜き)。

シマノといえば自転車界ではツール・ド・フランスに出場する選手の半分が使用するパーツメーカー。また釣りのリールや竿も定評のある商品をラインナップする。

新商品の「シマノ スポーツカメラ」は86gの軽量設計で、帽子やカラダの一部に装着することでスポーツシーンでのダイナミックな撮影を可能にしたもの。広角な135度と超広角180度(魚眼)から選べる画角もさまざまな状況に対応させた仕様だ。

Wi-Fi機能搭載で、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンとの連携操作が可能。スマートフォンの画面上で撮影前の画角や撮影後の映像の確認ができる。
(山口和幸)
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top