2020年東京五輪後の自転車競技どうなる…神宮外苑クリテリウム 2月16日開催 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2020年東京五輪後の自転車競技どうなる…神宮外苑クリテリウム 2月16日開催

バックナンバー 過去ニュース

都心部ロードレースイベントとして継続開催されている神宮外苑クリテリウムが2月16日に開催される。
  • 都心部ロードレースイベントとして継続開催されている神宮外苑クリテリウムが2月16日に開催される。
都心部ロードレースイベントとして継続開催されている神宮外苑クリテリウムが2月16日に開催される。

大会は、全日本学生ロードレース・カップ・シリーズ最終戦として位置づけられ、総合優勝者に授与されるチャンピオンジャージを競う場となっている。大学生の都市型ロードレースにおける頂点を決する。

レース以外にも全国から競技者の集まる機会を活用して前日に「ユニバーシティ・フォーラ ム」を開催。2013年のユニバーシティ・フォーラムではドーピング問題を取り上げた。

2014年のテーマは「2021年の自転車競技にむけて」を予定、2020年東京オリンピック、パラリンピックの先も見据えた議論が取り交わされることになる。

また、小・中学生のタイムトライアル、マスターズのタイムトライアルとクリテリウムレース、一般参加のライドなどのイベントも含まれる。

今年はタイムトライアルの部でハンドサイクルの参加もあり、スペシャルゲストに坂本勉氏(ロサンゼルスオリンピック銅メダリスト)も予定されている。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top