鉄フレームの代名詞的存在リッチーが日本再上陸 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

鉄フレームの代名詞的存在リッチーが日本再上陸

バックナンバー 過去ニュース
 ロードバイクはカーボン一体成形のフレームが主流だが、伝統あるクロモリ製のフレームもいまだに人気が高い。トム・リッチーがリリースするロードフレームは40年前の初期モデルを継承しつつ、レースからサイクリングまで使用できる汎用性が魅力だ。
  •  ロードバイクはカーボン一体成形のフレームが主流だが、伝統あるクロモリ製のフレームもいまだに人気が高い。トム・リッチーがリリースするロードフレームは40年前の初期モデルを継承しつつ、レースからサイクリングまで使用できる汎用性が魅力だ。
 ロードバイクはカーボン一体成形のフレームが主流だが、伝統あるクロモリ製のフレームもいまだに人気が高い。トム・リッチーがリリースするロードフレームは40年前の初期モデルを継承しつつ、レースからサイクリングまで使用できる汎用性が魅力だ。

 いわゆる鉄フレームのロードロジックというモデル。ただ単にクラシカルだけでなく、フォークは軽量カーボンを使用。クロモリパイプのつなぎ目も、とても美しい。価格もフレームとフォークで14万円台で、カーボンフレームに比べると割安感がある。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top