モンサンミッシェル、意外に小さいと新城幸也 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

モンサンミッシェル、意外に小さいと新城幸也

バックナンバー 過去ニュース

 世界遺産モンサンミッシェルにゴールしたツール・ド・フランス第11ステージで新城幸也(ヨーロッパカー)は区間103位、総合80位で個人タイムトライアルを終えた。
  •  世界遺産モンサンミッシェルにゴールしたツール・ド・フランス第11ステージで新城幸也(ヨーロッパカー)は区間103位、総合80位で個人タイムトライアルを終えた。
 世界遺産モンサンミッシェルにゴールしたツール・ド・フランス第11ステージで新城幸也(ヨーロッパカー)は区間103位、総合80位で個人タイムトライアルを終えた。

 リラックスした様子でスタートした新城に付くサポートカーは、ゼネラルマネージャーのジョンルネ・ベルノドーらが運転する車両2台にテレビカメラやチーム招待客を乗せ、さらには清水勇人さいたま市長を乗せた主催者車両が後方を走る。注目の選手であることがうかがえる。
 さらに沿道を埋め尽くすフランスのファンから「アラシロ!」「アレッ、ユキ~」と大きな声援を受けながらモンサンミッシェルを目指した。

「タイムトライアルの順位は気にしていない。このあとのコンディションを上げるために走った。後半になるにつれてすごく足が回って気持ちよく走れた。沿道にたくさんの日の丸が見えてうれしかったし、とにかく調子がいいことを確認できた。モンサンミッシェル、意外に小さいね」と周囲を笑わせた。

「このコンディションなら明日のステージはなにかできるかも」と期待が高まる発言をしている。(飯島美和)
《編集部》
page top