自転車ロード選手も被災者支援サイトを立ち上げ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

自転車ロード選手も被災者支援サイトを立ち上げ

バックナンバー 過去ニュース

 海外で活動する自転車競技の日本選手らが3月11日に発生した東日本大震災における被災者の方々の支援サイト「Cyclist Pray for JAPAN」を立ち上げ、世界中のサイクリストからの応援メッセージを受け取る窓口を開設した。プロジェクトリーダーは片山右京。
  •  海外で活動する自転車競技の日本選手らが3月11日に発生した東日本大震災における被災者の方々の支援サイト「Cyclist Pray for JAPAN」を立ち上げ、世界中のサイクリストからの応援メッセージを受け取る窓口を開設した。プロジェクトリーダーは片山右京。
 海外で活動する自転車競技の日本選手らが3月11日に発生した東日本大震災における被災者の方々の支援サイト「Cyclist Pray for JAPAN」を立ち上げ、世界中のサイクリストからの応援メッセージを受け取る窓口を開設した。プロジェクトリーダーは片山右京。

●Cyclist Pray for JAPAN
プロジェクトリーダー:片山右京
賛同者:
宮澤崇史(ファルネーゼビニ)
土井雪広(スキル・シマノ)
新城幸也(ヨーロッパカー)
福島晋一(トレンガヌプロアジア)
竹谷賢二(スペシャライズド契約アドバイザー)
今中大介
栗村修(宇都宮ブリッツェン)
清水都貴・伊丹健治(ブリヂストン・アンカー)
高橋松吉(JCF ナショナルチーム監督)
シマノレーシング
D'ANGELO & ANTENUCCI-NIPPO
《編集部》
page top