地上で最も過酷な一般参加レースが来夏開催へ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

地上で最も過酷な一般参加レースが来夏開催へ

バックナンバー 過去ニュース

 地上で最も過酷な一般参加レース「オートルート」が2011年8月にジュネーブ~ニース間で初開催される。全7ステージ、総距離716km。アルプスの伝説的な14峠を越え、積算登坂標高差は18,000mにもなるという。
  •  地上で最も過酷な一般参加レース「オートルート」が2011年8月にジュネーブ~ニース間で初開催される。全7ステージ、総距離716km。アルプスの伝説的な14峠を越え、積算登坂標高差は18,000mにもなるという。
 地上で最も過酷な一般参加レース「オートルート」が2011年8月にジュネーブ~ニース間で初開催される。全7ステージ、総距離716km。アルプスの伝説的な14峠を越え、積算登坂標高差は18,000mにもなるという。

 ヨットやアウトドアスポーツイベントを運営するサードポールが企画したステージレース形式のサイクリングツアー。8月21日から27日までの日程で、スイスのジュネーブからフランスのニースまでのルートを走る。全行程がアルプス山脈を縦走するため、非常にハードな山岳レースとなる。大会4日目はセールシュバリエからグランドン峠までの12kmタイムトライアルも組み込まれている。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?
page top