NIPPOの宮澤崇史が全日本選手権ロードを制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

NIPPOの宮澤崇史が全日本選手権ロードを制す

バックナンバー 過去ニュース

 全日本選手権のエリート男子ロードレースが6月27日に広島県三原市の県立中央森林公園で開催され、NIPPOの宮澤崇史(32)が4人によるゴール勝負を制して優勝した。競技距離は196.8kmで、タイムは5時間14分13秒。宮澤は08年北京オリンピック代表。
  •  全日本選手権のエリート男子ロードレースが6月27日に広島県三原市の県立中央森林公園で開催され、NIPPOの宮澤崇史(32)が4人によるゴール勝負を制して優勝した。競技距離は196.8kmで、タイムは5時間14分13秒。宮澤は08年北京オリンピック代表。
 全日本選手権のエリート男子ロードレースが6月27日に広島県三原市の県立中央森林公園で開催され、NIPPOの宮澤崇史(32)が4人によるゴール勝負を制して優勝した。競技距離は196.8kmで、タイムは5時間14分13秒。宮澤は08年北京オリンピック代表。

 この大会のためにフランスから一時帰国した新城幸也(25=BBoxブイグテレコム)は徹底マークにあったこともあり、最終局面で優勝争いに加われず13位に。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top