サイクルベースの萩原麻由子が全日本選手権で初優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サイクルベースの萩原麻由子が全日本選手権で初優勝

バックナンバー 過去ニュース

 全日本選手権の女子ロードレースが6月27日に広島県三原市の県立中央森林公園で開催され、サイクルベースあさひの萩原麻由子が距離86.1kmのレースでおよそ80kmを独走して初優勝した。タイムは2時間34分18秒で、まさに圧勝だった。
  •  全日本選手権の女子ロードレースが6月27日に広島県三原市の県立中央森林公園で開催され、サイクルベースあさひの萩原麻由子が距離86.1kmのレースでおよそ80kmを独走して初優勝した。タイムは2時間34分18秒で、まさに圧勝だった。
 全日本選手権の女子ロードレースが6月27日に広島県三原市の県立中央森林公園で開催され、サイクルベースあさひの萩原麻由子が距離86.1kmのレースでおよそ80kmを独走して初優勝した。タイムは2時間34分18秒で、まさに圧勝だった。

はぎわら・まゆこ/1986年生まれ/身長168cm/群馬県前橋市出身/06年にドーハで行われたアジア競技大会・個人ロードレースの金メダリスト。国内女子ロード界の第一人者。伊勢崎女子高時代に全国高校選抜2連覇、04年のアジア選手権でジュニア三冠。自転車の名門、鹿屋体育大を経てサイクルベースあさひへ。ロンドン五輪を目指す。
<主な戦績>
全日本高校選抜自転車競技大会 2連覇
2006アジア競技大会・個人ロードレース 優勝
2009全日本選手権・個人タイムトライアル 優勝
2006・2009ジャパンカップ 優勝
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top