福島晋一が韓国登録のチームを結成し、エースに | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

福島晋一が韓国登録のチームを結成し、エースに

 2003年の全日本選手権覇者であり、日本人唯一のツアー・オブ・ジャパン総合優勝者である福島晋一(38)が、2010年は韓国登録のコンチネンタルチーム、錦山(クムサン)・ジンセン・アジアを結成。自らがキャプテンとなってシーズンを走ることになった。チームには、ダ

バックナンバー 過去ニュース
 2003年の全日本選手権覇者であり、日本人唯一のツアー・オブ・ジャパン総合優勝者である福島晋一(38)が、2010年は韓国登録のコンチネンタルチーム、錦山(クムサン)・ジンセン・アジアを結成。自らがキャプテンとなってシーズンを走ることになった。チームには、ダ
  •  2003年の全日本選手権覇者であり、日本人唯一のツアー・オブ・ジャパン総合優勝者である福島晋一(38)が、2010年は韓国登録のコンチネンタルチーム、錦山(クムサン)・ジンセン・アジアを結成。自らがキャプテンとなってシーズンを走ることになった。チームには、ダ
 2003年の全日本選手権覇者であり、日本人唯一のツアー・オブ・ジャパン総合優勝者である福島晋一(38)が、2010年は韓国登録のコンチネンタルチーム、錦山(クムサン)・ジンセン・アジアを結成。自らがキャプテンとなってシーズンを走ることになった。チームには、ダイハツ・ボンシャンス飯田の奈良基と五十嵐丈士が加わり、タイやマレーシアなどからも選手を迎える。メインスポンサーは高麗人参の産地として知られる錦山郡。バイクはスペシャライズドが予定されている。

「日本にいてはピンと来ないかもしれないが、ツール・ド・ランカウィでステージ優勝した時に、同じアジア選手がヨーロッパ人に勝ったことがうれしかったと現地の人に言われた。その言葉で、ほかのアジアの人たちは日本人よりも同朋意識を持っているということに気がついた」と新チーム結成の動機を福島は語っている。
「アジアは一つ」をキーワードに、09年まで所属していたエキップアサダがヨーロッパでやってきたことを着実にやっていきたいという。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top