ブエルタ・チワワ第5Sで宮澤7位。セビリアが首位堅持 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ブエルタ・チワワ第5Sで宮澤7位。セビリアが首位堅持

バックナンバー 過去ニュース

 全7ステージで争われるメキシコのステージレース、ブエルタ・チワワは10月9日に第5ステージが行われ、大集団によるゴールスプリントでEQA・梅丹本舗の宮澤崇史が7位になった。ステージ優勝はメキシコのセザール・バスケラ(オルベン)。総合成績ではスペインのオスカ
  •  全7ステージで争われるメキシコのステージレース、ブエルタ・チワワは10月9日に第5ステージが行われ、大集団によるゴールスプリントでEQA・梅丹本舗の宮澤崇史が7位になった。ステージ優勝はメキシコのセザール・バスケラ(オルベン)。総合成績ではスペインのオスカ
 全7ステージで争われるメキシコのステージレース、ブエルタ・チワワは10月9日に第5ステージが行われ、大集団によるゴールスプリントでEQA・梅丹本舗の宮澤崇史が7位になった。ステージ優勝はメキシコのセザール・バスケラ(オルベン)。総合成績ではスペインのオスカル・セビリア(ロックレーシング)が首位を守った。
 以下はEQA・梅丹本舗によるレポート。

 コースは標高1,700mと前日までよりもかなり低くなり、乾燥しているものの気温が高く感じる。第5ステージはスタート直後に4級の山岳ポイントがあるのみで、ほぼフラットで直線的なコース。
 EQAチームはエスケープとスプリントの両方のパターンに備えて準備し、スタート直後にできた7選手のエスケープグループに予定通りギヨーム・ポンが加わる。集団はエスケープグループとの差を2分前後でコントロールし、ゴール前2kmでこのグループを捕らえた。
 スプリント体制ではミカエル・ダミアン、清水都貴、中島康晴が宮澤を誘導することになるが、ダミアンがクラッシュに巻き込まれ、その後3人体制を整え直して宮澤がスプリントに入るが、十分なポジションが維持できず7位でゴールした。
 優勝はメキシコ人のバスケラ。待ちに待った地元選手の優勝で、ゴールでは大歓声があがった。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top