MTBの国内シリーズ富士見大会で辻浦圭一が優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

MTBの国内シリーズ富士見大会で辻浦圭一が優勝

バックナンバー 過去レポート

 MTBのJシリーズ富士見大会が9月22日に長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで開催され、ブリヂストン・アンカーの辻浦圭一が優勝した。以下は同選手によるレポート。

 ドライコンディション、7周回行われた今回のJシリーズ。スタート位置がまたしても悪く、先頭に出るまでにまたしても足を使った。
 2周目から単独トップになりかけたが、斉藤亮(コラテック)と2人で周回を重ねる。ラスト3周のところで引き離して単独トップを走行したが、ラスト周回で平野星矢と2人に。上りの得意な平野選手だったが、ゴール手前の500mの丘でアタックして引き離して、今シーズン2勝目をあげた。
《編集部》
page top