ポワトーシャラントでEQAのダミアンが敢闘賞 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ポワトーシャラントでEQAのダミアンが敢闘賞

バックナンバー 過去ニュース

 4日間のステージレース、ツール・デュ・ポワトーシャラントが8月25日に開幕し、第1ステージでこのレースの地元出身のフランス選手、EQA・梅丹本舗のミカエル・ダミアンが区間6位と敢闘賞を獲得した。
  •  4日間のステージレース、ツール・デュ・ポワトーシャラントが8月25日に開幕し、第1ステージでこのレースの地元出身のフランス選手、EQA・梅丹本舗のミカエル・ダミアンが区間6位と敢闘賞を獲得した。
 4日間のステージレース、ツール・デュ・ポワトーシャラントが8月25日に開幕し、第1ステージでこのレースの地元出身のフランス選手、EQA・梅丹本舗のミカエル・ダミアンが区間6位と敢闘賞を獲得した。

 シャトレヨンプラージュ~エーグル間の185.5kmで行われた第1ステージは、32km地点でEQAのダミアン含む4人の逃げが決まる。その後、追走選手が追いつき7人の先頭グループが形成された。
 一時は8分近くの差を開いた第1集団は、そのまま逃げ切ってスプリント勝負となり、アントニー・ラバール(アグリテュベル)がステージ優勝。総合成績でもトップに立った。ダミアンは6位でゴールし、スタート直後からのアグレッシブな走りが評価されて敢闘賞を獲得した。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top