ジロ・デ・イタリアでR-Sysが実戦投入 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジロ・デ・イタリアでR-Sysが実戦投入

バックナンバー 過去ニュース

 自転車パーツメーカーのマビックが新製品として発表した新スポーク、R-Sysプレミアムがジロ・デ・イタリアなど世界のトップレースで使用されている。 強度、耐久性が向上したカーボン製スポーク採用のR-Sysを、ヨーロッパのプロチーム、AG2Rやリクイガス、シランス・
  •  自転車パーツメーカーのマビックが新製品として発表した新スポーク、R-Sysプレミアムがジロ・デ・イタリアなど世界のトップレースで使用されている。 強度、耐久性が向上したカーボン製スポーク採用のR-Sysを、ヨーロッパのプロチーム、AG2Rやリクイガス、シランス・
 自転車パーツメーカーのマビックが新製品として発表した新スポーク、R-Sysプレミアムがジロ・デ・イタリアなど世界のトップレースで使用されている。 強度、耐久性が向上したカーボン製スポーク採用のR-Sysを、ヨーロッパのプロチーム、AG2Rやリクイガス、シランス・ロットの選手が愛用しているという。

 日本でもEQA・梅丹本舗、ブリヂストンアンカー、マトリックスパワータグの国内強豪チームによって、新スポークR-Sysのレース投入がスタート。ツアー・オブ・ジャパン、ツールド熊野などのレースで実戦投入される。
《編集部》
page top