[TDFレポート]コンタドールに勝利への執念を見た! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

[TDFレポート]コンタドールに勝利への執念を見た!

スポーツ 短信

 ピレネー2日目のツール・ド・フランス第15ステージは、総合優勝をかけるし烈な戦いが展開された。首位のミカエル・ラスムッセン(33=デンマーク、ラボバンク)に対して、総合2位アルベルト・コンタドール(24=スペイン、ディスカバリーチャンネル)が波状攻撃を仕掛
  •  ピレネー2日目のツール・ド・フランス第15ステージは、総合優勝をかけるし烈な戦いが展開された。首位のミカエル・ラスムッセン(33=デンマーク、ラボバンク)に対して、総合2位アルベルト・コンタドール(24=スペイン、ディスカバリーチャンネル)が波状攻撃を仕掛
 ピレネー2日目のツール・ド・フランス第15ステージは、総合優勝をかけるし烈な戦いが展開された。首位のミカエル・ラスムッセン(33=デンマーク、ラボバンク)に対して、総合2位アルベルト・コンタドール(24=スペイン、ディスカバリーチャンネル)が波状攻撃を仕掛けたが、ラスムッセンはこれを封じ込めてマイヨジョーヌを守った。

 コンタドールは最後の山岳で4回、ゴールまでの平坦路になってからも1回猛烈なアタックをしてラスムッセンを振り切ろうとした。結果的に成功しなかったが、ゴール後は満足げな表情。ツールは翌24日に2回目の休日を過ごし、25日にオービスク峠にゴールする最後の山岳ステージを行う。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top