ジャイアントが2007チーム契約を発表 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジャイアントが2007チーム契約を発表

バックナンバー 過去ニュース

 株式会社ジャイアントは2007年度チーム活動として下記チームと契約した。2008年に北京オリンピックを控えマウンテンバイク、ロードレース共に充実のシーズンを迎えるべくすでに各チームが始動しており、ジャイアントと共に2007年シーズンを戦う選手達に注目と期待が集まる。

●レーシングチーム
『TeamGIANT/チームジャイアント』
レースでの勝利を最大限追求するマウンテンバイクファクトリーチーム。ミスタージャイアント後藤清作に加え、2006クロスカントリーナショナルランキング6位の実績で2007年のゴールドゼッケンを獲得した門田基司が新たに加入。チーム一丸となってシリーズチャンピオンを狙う。
またダウンヒル、4Xではスタイリッシュでアグレッシブなライディングと対照的な笑顔がトレードマークの青木卓也が昨年に引き続き参戦。全戦で表彰台を狙う。
さらにトライアルでは、第一回レッドブルバイクバトル優勝、2006年トライアル全日本選手権シリーズマスタークラス全戦優勝の偉業を達成した長屋佳政を引き続き起用。
以上、各カテゴリーにおけるトップライダーを擁し、日本全国で開催されるシリーズ戦を戦う。
使用機材:アンセムアドバンスト、グローリーDH、STP King、トランス1、TRIALS PRO

『TeamComrade/GIANT チームコムレイド/ジャイアント』
ヒルクライムレースを得意とする筧五郎、2006年Jツアーランキング12位の小嶋洋介など、若手中心で構成される新進気鋭の実業団ロードレーシングチーム。元ミヤタスバルレーシングチームの内山靖樹によって2005年に発足したチームは、2007年新たに4名のBR-1登録選手を補強し、ツアーオブジャパン、ツールド北海道への出場を目指す。
使用機材:TCRアドバンストSE、TCRアライアンスSE、スラム・フォース、スラム・ライバル、A-Class Aurelia、A-Class ALX430

『GANG(Giant Advanced New Generation)ギャング』
孤高のダウンヒルレーサー高橋唯之、横須賀が生んだ生粋のダートジャンパー小南大地、ダートジャンプ、4Xと多彩なスキルを持つ宮本 祐太郎世界トップレベルの天性のバイクコントロール能力を持つ宮岡啓太の4名からなるグラヴィティ系の新チーム。
スタイルもジャンルも異なる日本屈指の4名のライダーによって生み出される全く新しいコミュニティは、全てのライダーにバイクライドの面白さ、かっこよさを改めて認識させてくれることだろう。
使用機材:グローリーDH、STP King、STP SS、TRIALS PRO 20

●個人
『豊岡英子 とよおかあやこ』
2006年ジャパンカップ女子3位、2005年/2006年全日本シクロクロスチャンピオン。2007年はTCR Compositeと共に日本国内のみならず、世界の舞台での活躍を期待できる若手注目度ナンバーワン。
使用機材:TCRコンポジット、スラム・フォース、A-Class Aurelia
《編集部》
page top