ジョラジャ・マレーシアは飯島誠が首位を陥落 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジョラジャ・マレーシアは飯島誠が首位を陥落

バックナンバー 過去ニュース

 マレーシアで開催されている7日間のステージレース、ジョラジャ・マレーシア(ツール・ド・マレーシア)は9日、唯一の山岳区間となる第4ステージを行い、初日から首位を守ってきた日本ナショナルチームの飯島誠(35=ブリヂストンアンカー)が8分24秒遅れの区間29位でゴール。総合1位の座を明け渡した。

 大会は翌第5ステージでホンコン・チャイナの黄金宝がステージ優勝。総合1位は第4ステージで首位に立ったイランのメヒディ・ソフラビがその座を守った。12日に行われる第7ステージで終幕する。
《編集部》
page top