2007もてぎ100kmサイクルマラソンで走り初め | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2007もてぎ100kmサイクルマラソンで走り初め

バックナンバー 過去レポート

 1月4日に栃木県茂木町のツインリンクもてぎサーキットで「2007もてぎ100kmサイクルマラソン」が行われ、547人が走り初めを行った。同イベントにはブリヂストン・アンカーやスキル・シマノのメンバーも参加し、一般参加者との交流を図った。
  •  1月4日に栃木県茂木町のツインリンクもてぎサーキットで「2007もてぎ100kmサイクルマラソン」が行われ、547人が走り初めを行った。同イベントにはブリヂストン・アンカーやスキル・シマノのメンバーも参加し、一般参加者との交流を図った。
 1月4日に栃木県茂木町のツインリンクもてぎサーキットで「2007もてぎ100kmサイクルマラソン」が行われ、547人が走り初めを行った。同イベントにはブリヂストン・アンカーやスキル・シマノのメンバーも参加し、一般参加者との交流を図った。

 毎年恒例になっているお正月レースに毎年600人前後の参加者が集まって、年初の走り初めとして100kmサイクルマラソンに参加する。ブリヂストン・アンカーは今年、畑中、相川、長沼、秋元、矢部の若手5選手が参加した。
 このイベントの趣旨は「4時間をみんなで走り切ろう」というもの。そのため「勝つ」ことよりも楽しく走った者勝ちだ。ブリヂストン・アンカーの選手はレースをコントロールしたり、走り方をアドバイスしたりするなど一般の参加者とのふれあいを楽しんだ。
《編集部》
page top