VUELTA CICLISTA A LEON 第5ステージレポート | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

VUELTA CICLISTA A LEON 第5ステージレポート

バックナンバー 過去ニュース

"VUELTA CICLISTA A LEON"第5ステージ。前日にリーダージャージを失ったTeam VANGは前半から積極的に攻撃に出るが、勝利には届かなかった。

昨日の結果でリーダージャージはスペインのALFUSチームに替わった。チームは晋一を温存させながら、総合上位に残る新城を中心に前半から攻撃し、ゴールの峠までに出来るだけリーダーチームを消耗させる作戦。

攻撃は成功し、25名の先頭グループに新城、福島康司、清水の3名を送り込み新城が他2名と同タイム暫定リーダーとなる。しかし誰一人ペースアップに加わらず、殆ど3名でグループを引っ張る。晋一が残る後続集団も、リーダーチームの予想外の他人任せの展開に苦しめられた。
後半はスペイン連合軍?がペースアップし、先頭にアプローチしながら峠に入る。ゴールは標高1600mまで登る緩やかな12kmの峠道。新城は前で晋一を待つが、待機していた晋一は攻撃に乗れず先頭から1分20秒遅れてのゴール。結局個人総合は9位で終了した。

連日リーダーチームとして全員でレースを作ってきたが、最後に良い結果を残せず残念。更に課題を見直し次のレースに臨みたい。
今回は広いスペインのレオンという狭い地域が舞台だったが、連日地元新聞やTV放映で活躍するチームの姿と名前を知ってもらうことが出来た。将来Vuelta a Espanaを走るときまで覚えていてほしい。
(浅田監督コメント)


----------------------------------------------------------
8月6日 第5ステージ(最終ステージ)
POLA DE GORDON - SAN ISIDRO峠(1600m)147

□ステージ結果
1位 GUTIERREZ Davide (ESP/ CAMARGO) 3h39m47s
…15位新城幸也+48秒、32位福島晋一+1分20秒、69位井上和郎+6分6秒、
福島康司、宮澤崇史、清水都貴、水谷壮宏は完走

個人総合成績
1位 CARRASCO RAMIREZ Jose A (ESP / ALFUS) 18h00m16s
…9位 福島晋一 +57秒、13位新城幸也+1分22秒

個人総合ポイント賞=福島晋一
《編集部》
page top