VUELTA CICLISTA A LEON 第3ステージレポート | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

VUELTA CICLISTA A LEON 第3ステージレポート

バックナンバー 過去ニュース

"VUELTA CICLISTA A LEON"第3ステージ。Team VANGは各チームの攻撃に冷静に対応し、福島晋一選手のリーダージャージを守りきった。

今日のステージはゴール前の第3カテゴリーの急坂が勝負のポイントになる。
福島晋一は0秒差リーダーながら、チームはレースを終始コントロールする。序盤からアタックが激しく昨日のように何度も逃げグループが出来るが、今日はおとなしく全員集団に残りペースを作る。

最後の登りの手前ですべての逃げも潰し、最後は新城のアシストで、晋一がトップグループで最後の勝負に入った。ステージ優勝したのは地の利を生かし単独で飛び出した地元のMARTOS MUNOZ。晋一は6位でゴールしリーダーを守った。

上位が同タイムな為、ジャージキープには晋一は少しでも良い着順でゴールする必要があるため、同タイムゴール時も真剣にゴールスプリントもしなければならない。集団コントロールといい最後のスプリントといい、0秒を守るためにチームは毎日大変な重労働をしている。アシストにも力を惜しまない選手たちに感謝。
(浅田監督コメント)


----------------------------------------------------------
8月4日 第3ステージ
VALLABILINO - PONFERRADA 138.4km

□ステージ結果
1位 MARTOS MUNOZ Alberto (ESP/LEON) 3h12m53s
…6位福島晋一、新城幸也 +42秒
清水都貴、井上和郎、福島康司、宮澤崇史、水谷壮宏は完走

個人総合リーダー=福島晋一10h48m51s(1~8位同タイム)
ポイントリーダー=福島晋一
《編集部》
page top