桃田賢斗ってどんな選手?日本バドミントン界が誇る絶対的なエース | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

桃田賢斗ってどんな選手?日本バドミントン界が誇る絶対的なエース

新着 ビジネス
桃田賢斗ってどんな選手?日本バドミントン界が誇る絶対的なエース
  • 桃田賢斗ってどんな選手?日本バドミントン界が誇る絶対的なエース

2019年11月2日〜10日にかけて中国・福州で行われた「福州中国オープン」。10日は決勝が行われ、各種目で日本選手たちが大活躍。


女子ダブルスでは“フクヒロ”こと福島由紀選手、廣田彩花選手のペアが7月のマレーシアオープン以来の優勝を果たすと、男子シングルスでは日本のエース・桃田賢斗選手が前年度に続く2連覇を達成した。


桃田選手は今回の優勝で今季8つ目のツアータイトルを獲得。世界ランキングでも2位に3万ポイント近くの差をつけて1位をキープしており、世界でも圧倒的な強さを見せている。


強さを維持し続ける桃田選手だが、その秘訣はどのようなところにあるのか。ここからは、そんな桃田選手の経歴人柄に迫る。


「ヘアピン」を武器に世界ランク1位へ


桃田選手は小学2年生の頃に、姉の影響を受けてバドミントンを始めた。両親は経験者でないものの熱心なサポートがあり、小学6年時は地元・香川県代表として全日本ジュニアグランプリに出場し優勝に貢献


同年、全国小学生大会男子シングルスを制し、福島県の富岡第一中学に進学すると2年時に全日本ジュニア新人の部で優勝。富岡第一高校に進みアジアユースインターハイ世界ジュニア選手権を制しエリート街道を突き進んだ。


実業団のNTT東日本でも大活躍。2018年世界選手権シングルスで日本人男子初の金メダルを獲得し、世界ランキング1位に輝いた。 2019年11月現在、世界ランキング1位をキープしている。


そんな輝かしい成績を持つ桃田選手が得意とするプレーは、「ヘアピン」をはじめとするネットプレー。 ヘアピンとはネット際でシャトルをラケットにのせ、白帯すれすれを通して相手コートに落とす技で、試合中に繰り出すのが難しいショットだ。



(c)Getty Images



桃田選手はテクニックの面で秀でており、対戦相手との駆け引きが非常に巧みとされる。


「バドミントンをメジャーに」 ビッグマウスは願いの表れ


桃田選手の「賢斗」という名前は、スーパーマンのクラーク・ケントに由来。世界で1番強い人になるようにと名付けられた通り、常に世界のトップを意識してきた桃田選手は、試合前後のインタビューでは「五輪での金メダルを目指す」といった強気なコメントや、「髪形も見てください」とビジュアル面を強調する場面も見られた。


桃田選手のコメントは「ビッグマウス」とされることもあったが、その裏では「バドミントンをメジャースポーツにしたい」という思いが込められていた。


一方で、2018年に世界選手権で優勝したときのコメントでは「今までの先輩が築き上げてくれたものに乗っかって、優勝できた。1人じゃできなかったと思う」と発言。


また、「北京・ロンドン五輪の金メダリスト林丹(中国)や五輪で3度の銀メダリストに輝いた経験を持つリー・チョンウェイ(マレーシア)のように、レジェンドと呼ばれる選手になりたい」とライバルたちをリスペクトする姿勢を見せた。



(c)Getty Images



桃田選手がこのように謙虚な発言を見せるのには、2016年に味わった大きな挫折があったからだ。


強気な発言の一方で ボランティア活動にも


2016年4月に違法賭博問題が発覚し、日本バドミントン連盟から無期限の出場停止処分を受けて、メダル獲得が期待されていたリオ五輪の出場を逃す


これまで順風満帆だった桃田選手の競技人生において、大きな挫折となった。



(c)Getty Images



しかし、桃田選手は重いペナルティから逃げ出さなかった。謹慎中は自分自身と真剣に向き合い、これまで苦手としていた走り込みや筋トレに励んでフィジカルを強化。


さらに、NTT東日本が主催するバドミントン教室に参加するなどボランティア活動も精力的に行った。桃田選手はこのバドミントン教室で「子供たちと触れ合い、バドミントンの楽しさを再確認した」と話し、復帰した今もボランティア活動を続けている。


特徴的な髪型でも注目を集める


桃田選手といえば、髪型が特徴的なことでも話題を集めてきた。




このときの髪型は短髪ですっきりしているが、金色のメッシュを入れるなどこだわりがある様子。




 



 











この投稿をInstagramで見る


















 


2連覇達成! 本当に感謝しかないです… ありがとうございました。 #応援 #心強い #感謝 #泣いちゃいました


Momota Kento(@momota_kento)がシェアした投稿 –




復帰後の2017年以降は、黒髪をキープしているよう。横髪を剃り上げ、前髪やトップを立たせたツーブロックでプレー。


オシャレさは健在ながら、シンプルな出で立ちを見せている



甘いもの好きな一面も


圧倒的な強さと覇気あるプレーで観客を魅了する桃田選手だが、プライベートでは意外にも「甘党男子」の一面を見せている。


2019年9月、都内で行われたイベントでは、サプライズで用意されたバースデーケーキを口にし「大勢の人に祝ってもらったことがないので、本当に嬉しいです。甘い物大好きなので」と笑みを浮かべた。


後にツイッターでもファンに向けて報告している。




また、自身のインスタグラムでも甘いものが好きだと公言し、ケーキの写真をアップしている。



 











この投稿をInstagramで見る


















 


意外と甘いの大好きです〜(*^^*) #フレンチトースト#now#yummy#lol


Momota Kento(@momota_kento)がシェアした投稿 –




挫折乗り越え五輪金狙う


バドミントンにおける東京オリンピック出場者は、2020年4月の最終週に発表される世界ランキングによって決定する。桃田選手は2019年11月時点で世界ランキング1位。


挫折を乗り越えさらに強くなった桃田選手の胸に、東京オリンピックの金メダルが輝くことを期待したい。



(c)Getty Images



参考:https://news.jsports.co.jp/badminton/article/20190310217319/https://www.badspi.jp/players/%e6%a1%83%e7%94%b0%e8%b3%a2%e6%96%97-2/https://www.asahi.com/articles/ASL8556DYL85UTQP02D.htmlhttps://www.badspi.jp/201809281941/

《SPREAD》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top